読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トヨタ期間工の情報ブログ

トヨタ期間工の情報についてまとめています 面接、給料、寮など

スポンサードリンク

トヨタ期間社員の求人募集内容 仕事内容・待遇はどんな感じ?

トヨタ期間社員の待遇

 

トヨタ期間社員の2017年の待遇

     

仕事内容 トヨタ自動車の自動車製造に関する各種作業
勤務地

本社工場

愛知県豊田市トヨタ町1番地

元町工場

愛知県豊田市元町1番地

上郷工場

愛知県豊田市大成町1番地

高岡工場

愛知県豊田市本田町三光1番地

三好工場

愛知県みよし市打越町並木1番地

堤工場

愛知県豊田市堤町馬の頭1

明知工場

愛知県みよし市明知町西山1番地

下山工場

愛知県みよし市打越町下山1番地

広瀬工場

愛知県豊田市西広瀬町桐ヶ洞543

衣浦工場

愛知県碧南市玉津浦町10番地1

田原工場

愛知県田原市緑ヶ浜3号1番

給与

日給9,650円~10,450円

※1年目/当社での経験回数による

<18~24ヵ月満了者>:日給10,650円

<30~35ヵ月満了者>:日給10,950円

月収例

272,780円~295,390円

≪1年目の月収例≫ ※21日勤務、残業20h、深夜手当32.5h、時間帯手当77.42h含む

勤務時間

 

f:id:shigotogirai:20170108004729p:plain

 

 


  

その他勤務スタイル

勤務勤務時間
常昼 7:55〜16:50(実働7時間50分)
連続3交替 6:25〜15:05(実働7時間50分) 13:55〜22:35(実働7時間50分) 22:10〜6:50(実働7時間50分)
 
休日 土・日 週休2日制 ※GW・夏季・年末年始連休あり ※会社カレンダーによる

 

f:id:shigotogirai:20170108004741p:plain

※水道・光熱費含む (寝具一式、冷暖房機器、テレビ、冷蔵庫は備え付け。トイレ、洗面所、洗濯機は共同)

寮、工場の食堂で、500〜1,000円程度で食事ができます

勤務先指定の寮に入るのが基本。通勤は会社バス(無料)で送迎

(寮への車、バイクの持ち込みは禁止します)

待遇・福利厚生

◇初回更新特別手当

10万円支給 ※1月入社の方限定 ※規定有

◇特別手当10万円支給

※入社月の翌月末在籍者に、翌々月の給与で支給

◇食費補助1万円

※入社日より、約2週間後支給

◇赴任手当2万円

※初回給与支払い日の在籍者に支給

◇経験者手当最大10万円

契約満了期間6~12ヶ月 1万円

契約満了期間18~30ヶ月 7万円

契約満了期間35ヶ月   10万円

※6ヵ月以上の契約満了認定者で、初回給与支払日の在籍者に支給

◇満了慰労金+報奨金で300万円以上可能!

6ヶ月満了 390,400円

12ヶ月満了 488,000円

18ヶ月満了 512,400円

24ヶ月満了 536,800円

30ヶ月満了 561,200円

35ヶ月満了 576,000円

※6ヶ月満了ごとに支給(支給条件有)総額3,064,800円   

 

通算契約期間日当り支給額支給額の目安
3ヵ月 500円 61日で、 30,500円
6ヵ月 1,700円(注1) 122日で、207,400円
12ヵ月 2,500円 122日で、305,000円
18ヵ月 2,700円 122日で、329,400円
24ヵ月 2,900円 122日で、353,800円
30ヵ月 3,100円 122日で、378,200円
35ヵ月 3,300円 120日で、396,000円

(注1) 初回契約が更新され、更に3ヵ月契約(通算6ヵ月)を満了した場合は、日当たり支給額を1,700円とし、通算6ヵ月満了後に一括支給

(この場合、初回3ヵ月満了後の支給はない)

◇赴任旅費・満了者帰任旅費支給

◇作業上着・帽子・安全靴無償貸与

◇通勤交通費支給 ※自宅通勤者のみ会社規定額を支給

◇各種社会保険完備

◇車通勤可

◇正社員登用制度有 ※2016年度 計画500人 登録者在籍数 7,420人(2016年3月時点)

     

 

 

 

 

トヨタ自動車期間工の仕事内容

    トヨタ期間社員が主に行う仕事は 「組み立て」「鋳造(ちゅうぞう)」「鍛造(たんぞう)」「機械加工」「プレス」「溶接」「塗装」「成形」「物流」「検査」 などです  


   

組立

     

ここにはクルマを作り上げる実感が溢れています。

塗装工程を終えたボディに多くの部品が組み付けられ、完成車に向かう最終工程です。

無数の支流が一気に1本の本流にまとまる川の流れのように、他のラインや協力会社で作られたさまざまな部品がこの工程に集合し、車種によっても異なる実に多様な部品をそれぞれに最適な方法で、はめ込み、繋ぎ、締めて、クルマのかたちへと組み上げています。      

 

 

ボディー溶接

 

     

 

この工程には、堅牢と安全を実践するトヨタのクルマの骨格づくりに注がれた自負が満ちています。

プレス工程などで作られた多くのボディー部品を組み合わせ、溶接によって一体化していく工程。

部品の組み付けひとつにも工夫と慣れが必要で、コツを摑むまではひとがんばり要ります。

さらには、人の命を左右するボディー構造にも関わる溶接技術は高い技術を要求されます。

このような技術を身に付けられるのは期間従業員の大きな醍醐味のひとつといえるでしょう  

 


   

基本的に自分がどの工程で働きたいと選ぶことはできません

個人個人の経験や資格などを考慮して会社側が配属部署を選ぶ形になります  

 

   

 

トヨタ期間社員の魅力

 

    2017年に期間工として働くのならトヨタ自動車がお勧めです。

給料、寮、社員登用など期間社員としての重要なポイントの総合点ではトヨタが1番良いと考えられます  

 

特にお勧めの理由が2014年からトヨタが力を入れている「社員登用」にあります  

 

2014年度には90人

2015 年度には387人

2016年度には500人を期間工から正社員に登用予定  

 

 

この数字は期間社員の社員登用を比較すると非常に高いです。一般的に期間社員が正社員になれる確率は数パーセントなんです

 

2008年のリーマンショック以降は2~3%くらいしかいませんでした  

2016年はトヨタ期間社員の8~9人に1人が正社員になれる計算なので、約12~13%のトヨタ期間社員がトヨタの正社員になる事ができることになります

 

トヨタ正社員は現場の平作業員でも年収は800万円以上になることも珍しくありませんから、社員登用に力を入れている会社を選ぶのは重要になってきます    

 

そして普通に期間工として働くとしても日給、満了慰労金など給料面の待遇が期間工の待遇トップクラスという面でもトヨタはお勧めですね

 

残業も月に20時間前後ということで多すぎず少なすぎずの部署が多く、多くのトヨタ期間工が年収390~440万円ほどと安定しているのも魅力です